カレンダー

2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
造船所のクレーン

高所作業車やクレーンは建設や建築の現場において欠かせないものです。
これらを活用することにより人の力だけでは難しかった高い場所での作業や、重たいものを吊り上げて運ぶということが可能になりました。
しかし、こういった特殊な車両や重機は扱い方に注意しなければなりません。
その操作には危険が伴うため、専門の技術が必要となります。
誰もが扱っていいわけではなく、資格を取得した者でなければなりません。
資格取得者がおり自社で高所作業車やクレーンを管理している企業もありますが、最近では高所作業車のレンタル会社も増えており、車両や重機を借りることができるだけではなく資格取得者も派遣してくれます。
そのため資格のない個人でも必要になった場合、高所作業車を借りることができます。

沢山のショベルカー

クレーンや高所作業車はレンタルも含め建設関係や動力分野の大型2次電池市場として重要です。
建設用クレーンや高所作業車は国内市場とりわけ鉄道分野で需要が拡大してゆくものと見られています。
海外市場においては米国経済の回復と新興国における建設ラッシュが需要を引っ張ってゆくものと見られています。
蓄電デバイスにおいても新興国においてハイブリッド式のものやフルバッテリー式のものが需要拡大すると見込まれます。
建設用クレーンや高所作業車は2011年は実績6180台、2012年は見込み7600台であるものが2020年には14800台の見込みになると予測しています。

沢山のクレーン

高所作業車とは配電線や信号機の整備、防犯カメラの設置といった高所における作業をするための車両を指し、作業床の昇降装置や車両の自走機能が有ることが高所作業車としての定義とされ、クレーン車などがこれに当てはまります。
高所作業車は1960年代後半に作られ始め、その後時間の経過とともに作業位置の高さや使用用途が変化していきました。
また、過去においてはハシゴを使用して高所で作業していたことからも高所作業車の利便性や安全性に変化が見られます。
また、現在では高所作業車のレンタルも行っています。
高所作業車もトラックなどと同じく高価なものであり、安く済ませようとする業者も居ます。

沢山のキリンクレーン

クレーン車などの高所作業車のレンタル費用の相場は、1日当たり2~3万円くらいが相場です。
安いものでは1万円台から、高いものでも5万円くらいでレンタルすることができます。
このとき、作業をする場所の広さや用途によって車種が変わり、費用も変わってきます。
ですから、レンタルを依頼する前に現場の状況と作業の内容をよく確認しておいた方がいいでしょう。
また、場所によっては、高所作業車の停車に許可が必要な所もあるので、事前の確認が必要です。
また、見積もりをもらう時は、複数の業者に競合させると、より安くすることができます。
だいたいの業者は無料で見積もりをしてくれます。

橋梁現場のクレーン

建設建築現場や、広告看板設置・造園などの作業に活躍する高所作業車やクレーンをレンタルをします。
地上高12~50m対応、バスケット耐荷量は200~400kg、2~4名、ブームは直伸式・直屈伸式があり用途に合わせた高所作業車があります。
クレーン車では、最大定格総荷重が2.9t×3.5mから100t×2.8m、ブームは18~52m、最大地上揚程70.5mまで対応できます。
高所作業車・クレーン多種あり、遠方へのレンタルも可能です。
免許を持っていない、操縦できない方には操作に熟練したオペレーターや交通誘導員の手配を行う事も出来ます。

アーカイブ

カテゴリー

オススメリンク

高所作業をする時に必要となってくるのが作業車です。これは特殊な車なので簡単には手に入りませんが、レンタルをすることが可能なんです。ぜひ活用してくださいね。